キャッシングは素早く済ます生活

「計画的な利用」を実現させることが大切

 

キャッシングやカードローンで失敗してしまう人の多くは、「計画性のない利用をしていること」が原因となっていると言えます。状況はそれぞれあるでしょうが、基本的には「お金に困っている状況」でキャッシングやカードローンを利用することが多くなりますので、しっかりとした計画の下で利用していかなければ失敗のリスクが高まるのは当然です。逆に考えると、「計画性のある利用」をすることが出来れば失敗するリスクを大幅に減らせるということになります。

 

【1】自分の収支状況を把握する

 

毎月の支出は大幅な変動がある可能性がありますが、基本的に収入に関しては一定であることが普通です。自営業や特殊な仕組みで報酬得ている場合は難しいかもしれませんが、一般的な会社員の場合には自分の収支に関わる状況を把握・分析することはそれほど難しいことではないはずです。キャッシング・カードローンを上手に利用する為の第一歩として、まずは「収支を管理する」ということを始めると良いでしょう。

 

【2】支出を分析する

 

自分の収支を管理するうえで、「支出内容を把握する」ということは非常に大切です。家賃や巣光熱費・生活費・食費など必要最低限度の部分は仕方ないにしても、その他の交際費や趣味などに支出している部分に関しては意識次第で節約することが出来ます。

 

また、生活費や食費などに関しても無駄がないのかということを分析し、極力不要な部分を削り落とした際に収支のバランスがどのようになるのかを把握してください。その際、余力(収入−支出)がプラスであればその分は返済余力として考えることが出来ますので、実際にキャッシング・カードローンを利用する場合には、「月々の返済がその額を超えないようにする」という基準を持つことでリスクを大幅に減らすことが出来ます。

 

【3】余裕を持って基準を設定する

 

上記【2】において算出した余力は、必要最低限度の生活をした場合のものです。つまり、「限界の余力」ということになるため、実際には更に少ない余力で計画を立てる必要があります。同僚や先輩、友人などとの交流をないがしろにするのも問題がありますし、全く余計なお金を使わないということはストレスの原因となってしまいます。

 

それでは計画がうまくいかなくなってしまう可能性もあるため、余力は最低限度の金額を基準として考えておいた方が良いです。つまり、限界余力では10万円だったが、最低余力は3万円だったという場合、実際の返済計画の基準とする金額は3万円までということです。

 

適切な計画を立てることは返済のリスクを減らすうえで非常に大切です。しかし、計画が狂った場合に修正が出来ないほど限界ギリギリの計画ではうまくいく可能性は低くなってしまうため、ある程度の余力を残した計画を立てることが必要です。

 

実際にここで紹介した方法を行ってみればわかると思いますが、実は思っているほど返済余力は多くならない為、そこを踏まえたうえで計画を立てないとリスクが増えてしまいます。計画を立てたのに破綻してしまう人の多くは「最低余力」を把握せずに計画をしてしまった場合に多いため、その点に十分に注意することが必要です。