キャッシングは素早く済ます生活

キャッシングの審査に通過するために

 

消費者金融や銀行にお金の借り入れを申し込むと必ず審査が行われ、通過しないとお金を借りることはできません。その審査は申込書に書かれた内容を元に貸金業者独自の内容で行われますが、通過しやすい人と通過しにくい人には傾向があるようです。

 

・審査に通過しやすい人の傾向とは

 

基本的に20歳以上で安定した収入のある人であれば審査には通過すると言われています。職業については最も安定した収入が得られているとみなされる公務員が、また年収や現在の勤務先での勤務年数、現在の居住地の居住年数が多い人ほど審査には通過しやすいです。更に同じ貸金業者から半年程度何度かお金を借りて遅れることなく返済し続けている人(履歴の良い人)も審査には通過しやすいです。

 

・審査に通過しにくい人の傾向とは

 

まずブラックリストに載っている人(過去に大幅に借金の返済に遅れたことがある場合や自己破産などの債務整理をしたことのある人など)は審査にはかなり通過しにくいです。また年収の多さよりも一般的に離職率が高い職業に就いている人は「収入が安定していない」とみなされる傾向にあり、審査に通過しない可能性があります。

 

更に貸金業者は30〜40代をターゲットにしている所が多く、20代の場合は「貯金が少ない」、50代以降になると「この年代で貯金がない」とみなされ、返済できなくなる可能性を考えて審査に通過しにくくなることがあるようです。

 

・審査に落ちてしまった場合にどうすべきか

 

審査内容はどこの貸金業者でも公表していないので詳細は分かりません。しかし以前と比べると審査結果が出るまでの時間が早くなってきており「即日融資」という所も増えてきました。このような所であればもし審査に通過できなくてもすぐに他の所に申し込むことができます。

 

実際に貸金業者を利用した人の口コミを見ると「消費者金融Aでは審査に落ちたけど消費者金融Bでは借りることができた」というものも見かけますので諦めずに申し込むことが重要です。

 

キャッシングの審査に落ちてしまった場合、自分では理由が何かわからないこともあると思いますが、審査の甘い所を利用することでお金を借りることができる可能性は十分にあります。また審査に通るか不安だからと稀に申込書の年収を少し多めに書いたりする人もいるようですが、ウソをかいてもいつかはばれてしまい刑事罰に処される可能性もありますので本当のことを書かなければなりません。

 

そして当たり前でも重要なことはキャッシングを利用したら「遅れることなく返済する」ことであり、これが貸金業者の信頼を得て次回以降も安心して利用できるということです。