キャッシングは素早く済ます生活

カードローンを利用するうえでの注意点

 

キャッシングやカードローンを利用することに抵抗を感じる方も多くいると思いますが、実はそれらを上手に利用することで「生活を豊かにすること」もできる非常に便利なものです。不安を払拭するために「最低限必要な知識」や「気を付けるべきポイント」を抑えておけば、それほど不安を感じずに利用することも可能です。

 

【1】まずは「利用計画」をしっかりと立てる

 

カードローンを利用していくうえで重要なポイントは、利用や返済に関する「しっかりとした計画を立てる」ということです。カードローンを利用するということはつまり「借金をする」ということになるため、そこで得たお金はいずれ返済する必要があります。

 

その際、家族や友人から借りる場合と大きく違う点は「利息が発生する」ということですので、この点を考慮して利用計画および返済計画を立てることが非常に大切です。

 

【2】商品選びは「金利」を重視して行う

 

カードローンを利用して発生する利息は「金利」によって割合が決まります。金利が低いカードローンを選べば発生する利息も少なく抑えることが出来るので、返済にかかる負担を小さくすることが出来ます。

 

現在、銀行カードローンではおおむね3〜15%、消費者金融系カードローンでは5〜18%程度の金利を設定していることが多いのですが、見た目でも分かるように「銀行(系)カードローン」を利用することで金利を抑えることが出来ます。

 

また、基本的に金利は「1社での利用金額(借入額)が多くなるほど低く」設定されることになるため、仮に高額の借り入れを希望する場合などは複数のカードローンを利用して借り入れをするのではなく、なるべく少ない件数で対応するようにしていく方法がおすすめです。

 

特に銀行(系)カードローンの場合、個人向けの最高融資限度額が3,000万円にもなるものがあるため、そう言った商品を選ぶことで金利を抑えることが可能です。

 

【3】出来るだけ「早く」完済する

 

金利を見ていくうえで必要になる知識として、「実質年率」というものがあります。カードローンを利用する場合、契約書上の金利と実際にかかる金利には差が出ることがあり、このとき実際にかかる金利の割合を表したものが実質年率となります。

 

例えば、100万円を金利10%で利用する場合、計算上の年間に発生する金利は100万円×10%で10万円ということになりますが、それを月割りすると1か月にかかる金利は約8,000円です。

 

仮に1か月で完済した場合には元金100万円と1か月分の利息8,000円で済むため、実質年率は0.8%で済むことになります。つまり、早ければ早いほど実際の金利を低く抑えることが出来るということです。

 

最低限度でもカードローンやキャッシングに関する知識を持っていれば、何も知らない場合に比べて格段にお得に利用することが出来ます。上手に利用することが出来れば日常の余裕を増やしたり、万が一の時の保険として活用することもできるため非常に便利です。少ないリスクで最大限のメリットを享受できるよう、しっかりと準備をしたうえで利用するように意識することが大切です。出来るだけ早く借りるなら即日 キャッシングを参考に調べると納得できます。

カードローンはご利用限度額の範囲なら繰り返し借入ができる

 

カードローンはご利用限度額の範囲なら繰り返し借入ができるのが最大の特徴です。借入後の使いみちは自由、住宅ローンや教育ローンやマイカーローンのように使いみちが決まっていないです。事業性資金には使えないことが多いので、事前にカードローンの商品概要をよくチェックしておいてください。

 

【1】ご利用限度額は審査によって決まる

 

カードローンはお申込みしたらどなたでもいくらでも借入できるのではないです。カードローンによっても異なりますが、300万円や500万円など最大のご利用限度額が設定されています。これ以上は借入することができないです。さらにどなたでも最大のご利用限度額が設定されるのではないです。カードローンの審査でお申込者のご利用限度額をいくらにするか決めています。信用力が高いお申込者ほど高いご利用限度額が設定され、信用力が低いお申込者ほど低いご利用限度額が設定されます。信用力が低すぎるとご利用限度額が0円になったり、審査不合格になってご利用できないことがあります。

 

【2】足りない場合は増額申請ができる

 

カードローンの審査基準やお申込者の信用力にもよりますが、新規でお申込みして審査を受けた場合は10万円から50万円ほどのご利用限度額が設定されることが多いです。生活費や趣味、旅費などの目的なら十分足りるご利用限度額ではありますが、足りないという場合は増額申請ができます。増額申請されると審査が行われその審査で認められないと増額はできないです。お申込みしてご利用開始後、すぐに増額申請しても認められることは少ないです。半年はご利用実績を重ねてから増額申請されたほうが良いです。アルバイトやパートから正社員になり収入が上がったときには信用力が上がりますので増額が認められやすいです。しかし返済の遅延をしてしまうとまず認められないので注意が必要です。

 

【3】遅延すると遅延損害金が発生する

 

もしカードローンで返済の遅延をしてしまうと遅延損害金が発生してしまいます。カードローンによって遅延損害金の年率が違いますが、年20%ほどが設定されていることが多いです。これはカードローンの元本と利息とは別にお支払いすることが必要です。日割計算で遅れた日数分だけ遅延損害金が発生するので、遅れるほど余計な出費が増えてしまいます。後で大きな負担にならないよう、遅れたときはすぐに返済を再開することが大事です。

 

●まとめ・終わりに

 

カードローンでは個人の方の生活や暮らしに大変便利ですが、返済に困ると後で大変なので十分余裕を持った返済計画が大切です。

 
更新履歴